人工毛植毛と自毛植毛という2つの方法!治療にかかる値段はいくら?

適切な治療を選ぼう

薄毛で悩んでいる方は、薄毛の種類を理解して、適切な治療を行うことが大切です。薄毛を治療する方法として植毛が挙げられます。植毛にも人工毛植毛や自毛植毛があり、自分に合った方法を選択することが大切です。以下で具体的に見ていきましょう。

薄毛の種類を知ろう!

  • 円形脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 粃糠性脱毛症
  • 機械性脱毛症
  • 抜毛症
  • 薬剤による脱毛

人工毛植毛と自毛植毛という2つの方法!治療にかかる値段はいくら?

髪が薄い男性の頭

人工毛か自毛か選択しよう

薄毛で悩んでいる人で植毛を検討している人もいるのではないでしょうか。植毛は、人工毛植毛と自毛植毛に大別できます。人工毛植毛は、合成素材で作られた人工毛を頭皮へ移植して薄毛を改善する方法になります。髪の色や長さを自由にカスタマイズでき、好きな場所に移植できることがメリットだと言えます。自毛植毛は、自分の頭皮から髪の毛を取り出し、薄毛箇所に移植することで薄毛を治療する方法になります。自分の髪の毛を使うので、移植できる髪の毛の数には限りがありますが、より自然な仕上がりにすることができます。自毛植毛は安心して植毛を行うことができるのです。

植毛にかかる値段は?

人工毛植毛は、外科手術によって人工毛を植え込む手術になります。また人工毛植毛はその名の通り自毛植毛と違って、髪の毛を摂取することを行わないので、比較的値段は低く設定されています。クリニックにもよりますが、1本当たり200円~300だと言われています。一方、自毛植毛は上述したように、髪の毛を摂取する工程を行うので、比較的高い値段が設定されています。自毛植毛は、グラフト(株)という単位ごとに移植が行われているのです。FUE法やFUT法などの方法がありますが、施術には1本あたり、400円~600円かかると言われています。

カンセリングをしっかり受けよう

自分の薄毛のタイプによって、当然、植毛の値段は変わってしまいます。例えば、M字型タイプよりもO字型タイプの薄毛は、薄毛の範囲が広いので、必要になる植毛の数も多くなります。植毛を行う場合は、クリニックとしっかりと相談した上で慎重に行いましょう。無料カウンセリングを受けることができるクリニックも多いので、まずはカウンセリングを受けて値段と効果の把握をしてから施術を行うようにしましょう。

モニター参加で格安で植毛できる

多くのクリニックがモニター割引を行っています。とにかく値段を抑えて植毛を行いたいと考えている方は、クリニックのホームページやパンフレットで自分の施術結果や写真が公開されることを踏まえた上で申し込んでみてはいかがでしょうか。様々な条件が揃えば、中には割引率が50パーセントもモニターもあるので魅力的です。

広告募集中